2018年、冬

寒さが際立ち

お腹と背中にカイロを貼るも腹痛は収まらず

病的な面持ちで パソコンを見てる

世の中がよく分からないがあまり知りたくもないみたい

なぜか自分の生にいっぱいだし、そうでもなくぼうっと昼寝もする

いざとなったら動けばいい

そう言いながら季節が何度も過ぎていくかもしれないし、もう記憶がない

メモリアルFriday

シンクのえび

ぼかしたチーク

器のぶつかる音

ぼうっとする頭

自転車のベル

来ない電車

うつろうつろ

生活が断片的に

写真や映画のひとこまみたいに

刻まれる

忘れたくないな

同じこと

最終電車を降りて、家まで歩く

ほっとしたような

幸福感で満たされているような

疲れているような

ぱっと夜空を眺めて

ため息ひとつ

目の前に自転車が通る

同じように夜空を眺める

おんなじだ

嬉しくなる

案外みんな思うことは似ている

共有できることも

たくさんある

磁石

孤独をひとから感じると

磁石のようにひかれる

言葉をかけて

少しでも和らいだらと

だけど自分よりも孤独なひとを見て

わたしはそこまでではないのだと

実感したいだけなのかもしれない

日々の糧

どきどきすること

わくわくすること

不思議でちょっと不安定

やっちゃいけないけどやってみたい

良くわからないけど近づきたい

危ないけど触れたい

近くて遠い

まとまらない気持ち

言葉にしずらくて

愛おしい

触れ合うこと

死は突然に来る

日常が急に変わる

どうしてこうなったのか

考えてもその人はもういない

取り返しがつかない

二度と会えない

生きているとはその逆だ

触れ合えることを

大切にしなきゃいけない

おやすみ、また明日

現実と夢の中を行き来していたい

なんだか腑に落ちないことも

たくさんあるけれど

地に足がつかない部分も

たくさんあるけれど

1日の終わりは夢でかき混ぜて

おやすみ、また明日。